« 子供の目での読書 | トップページ | 黒革の手帖  松本清張 著 »

文芸翻訳を学ぶわけ

 物心つくころから、見よう見まねで文章を書くようになりました。その習慣は、大人になって仕事につくまで続きました。自分の内側を見つめて奥底から何かを探り出そうとする創作行為は、けっこうな負担になります。仕事を覚えることで一杯一杯だったあのころ、とても文を書く余裕はありませんでした。でも、どんな形でもいいからとにかく文章は書いていたかった。それが、翻訳の勉強を始めたきっかけでした。

 先日書いたように、しばらくの間、私は文芸翻訳以外の分野を彷徨っていました。昔から、一番の好物は最後に食べる主義だったんです。迷いもありました。好きなことじゃ食べていけない。好きなことをすることに何故か罪悪感ありました。
 大学選びのときもそうでした。一番行きたかった文学部に行かずに、ツブシが利くというだけの理由で法学部を選んでしまった。親の目世間の目を強く意識していたんですね。
 大人になって独立して、自分の行く道を堂々と自分で決めてもいいはずなのに、自分の中に、常に厳しく自分を監視する親の目世間の目がある。当の親や世間は、実はそれほど、私を縛っているわけでもないのに。

吹っ切れたのは、卵巣に腫瘍が出来て手術をしたときでした。幸い私は良性でしたが、入院していた病棟には悪性の患者さんも多くいらっしゃいました。皆さん、意外なほど明るくて、まっすぐ強く毎日を生きていました。なんか、自分にうそをついてる場合じゃないなあと思ってしまって。好物後回しにしている場合じゃないぞ、と。
あちこち、いろんな分野をのぞいていたのが、つき物が落ちたように、文芸翻訳一点に意識が定まっていました。

この世界、ものになるのが厳しいのは百も承知ですが、とにかく勉強するプロセス自体が楽しい。これは重要なことだと思います。本を読んだり、映画を見たり、そういった自分の好きなことがすべて肥やしになってくれる世界でもあります。奮闘むなしくモノになれなかったとしても、得るものは大きい。少なくとも私にとっては・・・ですが。

今はとにかく、なによりも、上手くなりたい。びしっと決まった訳文を見ると、羨望のあまり身もだえしてしまう今日この頃です。

|

« 子供の目での読書 | トップページ | 黒革の手帖  松本清張 著 »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

奇遇ですね。自分は精巣腫瘍で手術と抗ガン剤をやりました。悪性だったのですが、そのなかでも悪性度は低い方の種類で、超初期だったこともあり、退院後はほぼ無罪放免の生活をしています。

自分の場合は、あれが翻訳に方向転換する (それまではエンジニアでした) 直接のきっかけにはなっていません。ひとそれぞれということでしょうか。

投稿: かえる | 2005年4月14日 (木) 22時40分

追加です。

自分も回り道になっていますが (とくに理系経由だし)、いろいろな経験があって逆によかったと思っています。と、いまよりももっと思えるようになるため、お互いぼちぼちやっていきましょう。

投稿: かえる | 2005年4月14日 (木) 22時43分

先日ここに書いたお返事は、読み返してみると、どうも我ながら独りよがりで、浅はかなもののように思われてきましたので、削除させていただきました。まだ、お目に触れていないか、ご不快に思われていらっしゃらないことを願うばかりです。夜中に書いた文章を、朝読み返して青ざめるってことがよくあるんです。すぐ公開せず、いったん下書きして読み返してみたほうがよさそうですね。

投稿: yukiwarisou | 2005年4月17日 (日) 14時55分

こんにちは。ブログ読ませていただきました。yukiwarisouさんとは長いおつきあいですが、最近はゆっくりお話する機会があまりないので、このブログで、「ああそうか・・」とか「知らなかった」とか、様々な発見をしました。とても良いです。これからも楽しみにしていますね。

投稿: iko | 2005年4月24日 (日) 15時17分

いらっしゃいませ。こちらこそ、ブログ読ませていただきました。ikoさんのセンスのよさには常々感服しておりましたが、そういうものってブログにも滲み出すものですね。また近いうちにお会いできそうで、楽しみにしています。ブログにもまた遊びに来てくださいね。

投稿: yukiwarisou | 2005年4月27日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文芸翻訳を学ぶわけ:

« 子供の目での読書 | トップページ | 黒革の手帖  松本清張 著 »