« 半落ち 横山秀夫著 | トップページ | お道具箱 ソニーノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC50 »

しばらく自習

翻訳のクラスが8月末までお休みになったので、しばらく独学です。
時間があるのでいろいろチャレンジしたいと思っています。
とりあえず、先日は会員になっているアメリアのスペシャルトライアルを受けてみました。
絵本の下訳のトライアルでした。昔から、興味があり、大学時代も童話研究サークルに入っていた私としては、ぜひぜひ、やってみたい!というわけで、チャレンジしてみました。
しかし、絵本や童話というのは英語的にやさしいだけに、純粋に日本語センスの問題になってきますので、翻訳としてはかなり難しい分野なのではないかと思います。子ども向けの文章の書き方も勉強したほうがよさそうですし。いつもは熟語で済ませてしまっていた言葉も、分かりやすい言葉に変えたりしなければいけません。どこまで子どもの目線に合わせるか、といったさじ加減が難しいですよね。
でも、自分が子どものころのことを考えると、意外と大人の本でも、分からなければ分からないなりに楽しんで読んでいた気もします。(13歳くらいのころ親の持っていたシェイクスピア全集などを引っ張り出して読んでいました。訳も古く、難しい言葉が多かったはずですが、けっこう楽しんでいた気がします)
そう考えるとあまり子どもにこびる様な文章にしてしまってもしょうがないし・・・・・・。難しいですねー。

今はおなじくアメリアの定例トライアルに取り組んでいる最中です。(といいつつ、ブログに寄り道してますが)
ノンフィクションなので調べ物が命です。自分はつい調べ物をおろそかにしがちなので鍛錬の意味をこめて。(好きな方だとおもっていたのですが、翻訳クラスの方々を見ているとまだまだ甘いことを痛感しました)
 ソーラーカーの大会についての文章なのですが、調べ物をしているといろいろ面白いものを見つけてしまって、ついついあちこち寄り道をしてしまいます。
 初めての大会に出場したある日本人チームはスタートから1ヶ月もたってからゴールしたんだそうです。大会があったことさえ思い出になりかけていたころにようやくゴールということで、地元ではちょっとしたニュースになったようです。昔の日本人って本当に堅実というか、根性ありますね。こういう人たちが日本の成長を支えてきたのねーとしみじみ思いました。私も見習いたいものです。

|

« 半落ち 横山秀夫著 | トップページ | お道具箱 ソニーノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC50 »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しばらく自習:

« 半落ち 横山秀夫著 | トップページ | お道具箱 ソニーノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC50 »