« 邪魔 奥田英郎著 | トップページ | 前回の反省 お当番でした »

ちょっと前進

どうやら、今回ノンフィクションのノミネ会員になれたらしいです。

アメリアという翻訳団体が毎月定例トライアルを開催しているのですが、そこで、AAをとるか、Aを年に二度(同一分野で)とると、ノミネ会員になることが出来、翻訳未経験者でも、経験者と同等の力があると扱われるようになるのです。出版会社などのトライアルにも応募できるようになります。

2000年の8月に会員になってから、苦節6年。ようやくノンフィクション分野でノミネがとれました。フィクションの分野ではすでに頂いていましたが、このときは採点が甘めで、登場人物の台詞を取り違えさえしていたのにAをもらってしまったので、自分でも運が良かったとしか思えず、納得できていませんでした。ノンフィクションは、調査能力と読解力の甘い私にとって、かなりハードルの高い分野だったので、それだけに喜びもひとしお。

何だかちっとも前に進めていない気がしていましたが、こういうことがあると、少しは進歩できてるのかも、とうれしいです。たとえ牛の歩みのようであっても。

まあ、ノミネをとったからと言って、出版分野ではトライアル自体少ないので、あまり状況はかわらないんですが。

身近な目標が達成された今、これからは、モチベーションを保つ努力が必要になりそうです。とにかく、授業にしっかりと臨んでいこうと思います。穴のない訳文をめざして。

今日読んだ量

洋書【20】ページ

|

« 邪魔 奥田英郎著 | トップページ | 前回の反省 お当番でした »

コメント

をををを、おめでとうございます!うらやましい。
こちらはノンフィクションではまだノミネートは取れていません。実務テクニカルは持っているのですが、取ったのは仕事をもらえるようになってから 3 年半たってからで、それも 1 発 AA ではなく A 2 回ででした。それまでやっていた仕事はだいじょうぶだったんかいなか、って感じです。

投稿: かえる | 2006年9月18日 (月) 22時04分

ありがとうございます~。もちろんっ、一発AAなどではありません。Aを2回ってやつです。それでも同一分野のトライアルって年に3回くらいしかないから、結構きついものですよね。前回とったAを無駄にしたくなくて、今回は仕事まで休んで、掛かりきりで仕上げました。やっとこさ取れたというのが現状です。ひどい時は、Dまで取ったものなー。

投稿: yukiwarisou | 2006年9月19日 (火) 23時42分

こんにちは、またお邪魔しました。
すごいですね!ノンフィクションのノミネ会員!わたしにとっちゃ夢のまた夢です。
おめでとうございます。いやはや、尊敬します。ノンフィクションは手ごわいですよね。今もトライアスロンのパイプオルガンの課題に取り組んでおりますが・・提出できるかな?という感じです。

投稿: Baran | 2006年9月22日 (金) 10時58分

コメントありがとうございます。確かに、ノンフィクションは結構採点厳しいですよね。調査不足で涙をのんだことがなんども。情けないのは、毎回、「原文の理解度」の点が一番低いこと。英語力がまだまだ甘いんでしょうね。
 トライアスロンに挑戦されているなんてすごいですね。3種目訳しとおす気力が続きそうもなく、今まで一度も受けていません。翻訳体力つけるにはもってこいですよね。

投稿: yukiwarisou | 2006年9月24日 (日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと前進:

« 邪魔 奥田英郎著 | トップページ | 前回の反省 お当番でした »