« 焦点をずらす | トップページ | 集中グッズ »

ぷち修羅場

何とか、ぷち修羅場脱出。先生のペースが急にあがり、ひーひーいいながらも、無事(?)第二回の提出を終えました。でも、気を抜いてはいられません。本格的な修羅場はここから。このままのペースが続くようなら、間違いなく時間が足りなくなります。怖いもの知らずだった第一回提出のときと比べ、違和感をなくそうと、何度も見直す分、時間もかかるようになっています。でも、次回はそんなにかけていられない・・・。とりあえず、始めに訳す段階から、もう提出できるくらいの気分で、腰をすえて訳そう。それから、訳しはじめるまえに、設計図をかいておこうと思います。まず大まかな流れを日本語で要約しておくのです。そうすれば、見直しのたびに矛盾を見つけるようなことが少しはなくなるかも。方向性が見えていれば、訳語の選択に悩む時間も短縮されるかもしれません。

先生があれだけリズムのいい訳文がつくれるのも、流れが見えていればこそ。自分の訳とは決定的に違う点です。少しでも近づきたい。

それにしても、流れを読み間違えるとかなりへこみます。本好きを自認していたプライドががたがたに・・・・。いったい何を読んでいたのやら。はあ(ため息)。

|

« 焦点をずらす | トップページ | 集中グッズ »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぷち修羅場:

« 焦点をずらす | トップページ | 集中グッズ »