« お当番の反省 | トップページ | 焦点をずらす »

遅々として―フィードバックの反省

先生の訳をフィードバックされてから、推敲の手がますます進まなくなっています。先生の訳を次回の提出に生かしたいと思うとなかなか……。とりあえず、反省を続けながら少しずつでも先に進まなきゃ。

1 キャラクターの把握

 ある悪党キャラの口調を、悪党っぽく、汚い言葉で訳したのですが、先生はすべて丁寧な口調に変えられていました。よくよく考えれば、この悪党、大学出のインテリ。キャラの把握が甘かったなー。とすれば、もしかして、次回提出に出てくる別の悪党キャラも口調を変えたほうがいいのかしら?やっぱり大学出なのよね。でも、平気で人を殺すような、そうとう凶悪なやつなので、ちょっと悩むところ。殺そうとするシーンも出てくるし。とりあえず、先生の出方を見よう。(でも、翻訳家だったら、自分の責任で決めないといけないのよね。)

2 辞書に縛られない!!

 辞書に縛られない自由な発想をできるようにならなければ。不自然だとどこかで感じながらも、辞書にないからこれでいいよね、的な妥協をたくさんしていました。

(《自分用メモ》 とりつかれてー思案顔、気さくさー余裕 )

3 抽象的な概念は具体的に

気をつけてはいるのですが、なかなかこれが。devil(悪魔)という言葉も考えてみれば抽象的な言葉だったんだなー。直訳はさすがに避けましたが、無難な「ならず者」程度ですませてしまった。その場ではもっとつっこんだ表現の方がわかりやすかった。

4 くどくならないように

 わたしの場合、表現が大仰になりがちなんですね。あっさりめに直されていることが多いなあ。原文の表現の度合いを読みきれていないのかもしれません。

5  この本にあった文体

 堅くなりがち。この作品には平易な文章がふさわしい。思いついても使わない。

6  受験英語表現をわすれろー!

 so ~that~ のような英語構文って結構訳を丸暗記したんですよね。昔。それが染み付いていて、さすがにそのままは使わないけれど、亡霊のようにうっすらみえる訳になってたりする。わすれろー!わすれるんだ!

|

« お当番の反省 | トップページ | 焦点をずらす »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅々として―フィードバックの反省:

» エキサイト 翻訳 [エキサイト 翻訳 してみます]
エキサイト 翻訳使ってますか?エキサイト翻訳 サービスは便利でしょうか。今のところ利用できるのは、エキサイト 翻訳 英語、エキサイト翻訳 中国語、韓国語の3カ国語です。ドイツ 語、スペイン 語、イタリア 語は無いようです。エキサイト 翻訳は2ちゃんねるでも話題になっています。エキサイト翻訳の実力を英語で検証してみましょう。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月16日 (月) 00時34分

« お当番の反省 | トップページ | 焦点をずらす »