« お盆前って忙しい | トップページ | 下訳した本が発売になりました »

質問力 斎藤孝著

色々聞きたいことがあるのに、いざとなると質問が出て来ない、そんなことが多くて(授業でもそうなんです。人が質問しているのを聞いて、「そうそう、それが聞きたかったの」なんてことが多い)気になっていました。そんなときにこの本が目に入ってつい購入。思っていた内容とはちょっと違いましたが、実際のインタビュー集をもとに、斎藤氏がインタビュアーの質問力を分析していくという、ちょっとほかにはないタイプの本で、興味深かったです。思わずメモを取りながら読んでしまいました。インタビュアーたちの質問力もすごいけど、一見何気なく見える会話から、これだけのことを読み取る斎藤氏もすごい。

以下は私の取ったメモの一部です。

第三章
沿う技
1うなずく
 おうむ返し
 繰り返し 相手の言葉を組み込んで話す 共感 同調
 相手との共通点を意識しながら対話

2言い換える→消化していることを相手に示す
 引っ張ってくる→A相手の話の中から(20から30分前)キーワードを見つけて今の文脈に持ち出す。
B外部からのテキスト

[あまり知らない人との対話]
・繰り返し 相手の言葉を組み込んで話す 共感同調
・相手との共通点を意識しながら対話→沿う質問で好きなものを探る
[知ってる人との対話]
・相手の苦労したところ(力をいれているところ)をしっかり認める
・その人の経験を引きずり出す 主観的な経験を一般論とつないで質問(すばらしい審美眼ですがそれは映画でも大事ですね)
・相手の話にポイントをたくさんみつける
・別のこれと似てますか?っていう質問(こう理解したというメッセージ)

(高度な技)
・相手の言葉を比喩的に言い換えて自分と相手の話を絡める。
・強引に距離を縮める。つっこみ
・相手が変化したポイントの話を聞く
・昔言っていたあの話はどうなった?(昔のたった一言も忘れてませんよというアピール)
 

|

« お盆前って忙しい | トップページ | 下訳した本が発売になりました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 質問力 斎藤孝著:

» 質問力で転職面接突破! [質問力で転職面接突破!]
質問力に関する記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご覧ください。尚、トラックバックは大歓迎です。 [続きを読む]

受信: 2007年8月22日 (水) 23時45分

« お盆前って忙しい | トップページ | 下訳した本が発売になりました »