« コメント | トップページ | 今回の反省 とりあえず大雑把に »

こわい話

昨日、職場の同僚が、ならっているテニスの話をしてくれました。同僚のクラスの生徒さんたちは、まだ腕は未熟だけれど熱意だけはあるという段階で、いい球が来ると、「キタ━(゚∀゚)━!」とばかり、喜び勇んで突進するんだそうです。でも、それは、上のクラスの人からみると、「なぜそこで突進する?」ってとこなんだとか。見当違いのところでがんばっちゃう初心者達の姿を想像して、おもわず笑ってしまったけど、なんだか聞いているうちに胸が苦しくなってくきてしまった。
これってまさに今の私なのでは?いけそうなところがあると「ここよ!私の見せ場は!」ってなかんじで突進してしまう。上手い人からみたら、なぜそこでそれをやる?っていう感じなんだろうなあ。恥ずかしい…。
先日、原文に違和感を感じてしまうと書いたけど、それは、たぶん、相手(原文)のいいたい事を理解しようという謙虚な姿勢が足りないからなのでしょう。理解しようとする前に、自分を出そうと突進してしまってるんだと思います。
それにしてもよい話を聞きました。肝に銘じておこう。

|

« コメント | トップページ | 今回の反省 とりあえず大雑把に »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こわい話:

« コメント | トップページ | 今回の反省 とりあえず大雑把に »