« とりあえず生活を変えてみる | トップページ | 夢がひとつかなった »

10年目のプレゼント

きのう食事の途中で突然家人が、「おれの給料でやっていけるから」と言いました。「だからお前はかんばれ」えーっ?どうしちゃったの?ついこないだまで仕事を辞めるなんてとんでもないって感じだったのに。

私が本気なのがわかったんだそうです。ずっと、趣味でやっていると思っていたらしい。そっか。だから、翻訳に夢中になってると、本末転倒するなとか言ってたのね。話がかみ合わないわけだ。それにしてもどうして急に?いつでも本気モードだったつもりなのに。私が4時半に起きていることが余程意外だったのかも。

「結婚10年目だから何かプレゼントしようとずっと考えてたんだけど、(道の選択の?)自由をあげようと思って」 

思わず、うるっときました。な、なんて、いいやつなんだ。

そのかわり、ぎりぎりまで(どうしても両立できなくなるまで)は今の仕事にしがみついてね、とお願いされましたが。

ああ、でもよかった。ひょっとして究極の選択をしなければならなくなるんじゃないかと思っていたから。これで憂いはなくなりました。(って、そんな憂いをしなければならないところまで行けるか分からないけど)あとは、私の力量しだい。

あれ、でもちょっとまって。まだ10年にならないぞ?また数え間違えてるなー。

|

« とりあえず生活を変えてみる | トップページ | 夢がひとつかなった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわ〜ん、いいだんな様ね〜!
良いお話だ。

それにしても、本気かどうかをわかってもらう、って
結構大変なことかもしれませんね。
私なんて、自分でもゆらいでしまう…
まだまだですな。

じゃあ、yukiwarisouさんのサポートを私めが!
って無理よね〜


投稿: iko | 2009年3月11日 (水) 00時35分

うおおおおお~旦那さまかっこいい!
素敵なご夫婦ですねヽ(´▽`)/
読んでいてちょっと感動しちゃいましたよ~

投稿: ゆみねこ | 2009年3月12日 (木) 14時36分

ikoさん、ゆみねこさんコメントありがとう 
一流企業の高給取りというわけではないので、このセリフをいうにはかなりの覚悟が要ったんじゃないかと思います。
サポート、期待してるわね~。おふたりとも得意分野がおありなので、調べ物の時にはおおいにあてにしております。

投稿: yukiwarisou | 2009年3月12日 (木) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年目のプレゼント:

« とりあえず生活を変えてみる | トップページ | 夢がひとつかなった »