« ボーンコレクター:ジェフリー・ディーヴァー著 読了 | トップページ | 課題提出 »

七人のおば:パット・マガー著 読了

本格ミステリーの傑作だとのことで、面白そうだったので読んでみました。いっき読み!前回の復習もしなくちゃなんないし、通信教育の締め切りも間近だというのに、読み始めたらとまらなくなってしまった。

新婚の妻サリーのもとに、おばが夫を毒殺して自殺したことを知らせる手紙が舞い込む。しかし、肝心な加害者と被害者の名前が書いていない。おばは7人いるのだが・・・。気になって眠れない妻のために、夫のピーターは、妻が語るおば達と暮らした日々の回想から、犯人と被害者を推理する。

早くに両親をなくしたマーティン家の娘達(おば達)の親代わりを務めていたのが、長女のクララとその夫フランク。クララは世間体を何よりも重んじる人物で、その価値観にもとづいて、妹たちに夫をあてがっていく。しかし、偏った価値観にゆがめられた結婚はどれもて綻びが出来ていて、世間体を恐れたクララがその綻びをつくろおうと試みるたびに、さらに事態は悪化していく。状況を聞く限り、どのおばがどの夫を殺してもおかしくはない。はたしてピーターが出した結論は?

すさまじい人間ドラマ。どろどろの家庭の中を、年若い姪のサリーが傍観者として見ているかんじは、ちょっと「家政婦は見た」っぽい!? かなり古い作品のはずだが、こういう人間同士のごたごたというテーマは古びることがないのか、作者の腕のせいなのか、まったく古さは感じない。話自体は、姉の夫を妹が奪ったり、専業主婦の妻がアル中になったり、と、昼メロにでも出てきそうなありがちな話だけれど、キャラのセリフや反応が、ステレオタイプに陥いっておらず、とてもリアルで、想像上の人物であることが信じられない。作者の人間観察の鋭さに脱帽。

|

« ボーンコレクター:ジェフリー・ディーヴァー著 読了 | トップページ | 課題提出 »

海外ミステリー」カテゴリの記事

コメント

パット・マガー!懐かしい!!
高校生の時に、誰かから借りて読みました。
この人の本って、犯人はわかっていて…というの
他にもありますよね。

最近はミステリー関係、全然読まなくなってしまいましたが、
ルース・レンデルなんかも好きでした。

人はSF好きとミステリー好きに分けられる、というのが持論なのですが、私は絶対にミステリー好きの方です。

そうそう、お借りしていた本、読み終えました。
他にいろいろあったのでなかなか取りかかれなかったのですが、
読み始めたら一気に読み終えました!重苦しかったわ…あえて言うなら一番ミツルが好きでした。
長らくお借りしていてすみません!

投稿: iko | 2009年4月27日 (月) 00時07分

高校の頃、私たちの間ではミステリーが飛び交ってたわよね。アガサクリスティーはあらかた読んだような気がする。そのうちの大部分はikoさんの蔵書だったのでは?パット・マガーももしかして読んでたのかな?ちょっと懐かしい感じがしました。そうそう、犯人が分かっていて、被害者の方を推理する、「被害者をさがせ」っていう本もあるそうですよ。
「グロテスク」読む時期を選ぶ本ですよね。わたしは結構ユリ子がすきかも。とらえどころがなくて、妙に印象に残るので。

投稿: yukiwarisou | 2009年4月27日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七人のおば:パット・マガー著 読了:

« ボーンコレクター:ジェフリー・ディーヴァー著 読了 | トップページ | 課題提出 »