« 今年の目標①のつづき | トップページ | で、② »

去年読んだ本

②に行く前に去年初めから今年にかけて読んだ本を。自分用の備忘録です。
「警官の血」上下 佐々木譲 続きが出てるみたいですね。よんでみたい。
「灰色の虹」上下 貫井徳郎 ラストがたまらなかった~。
「情事の終わり」 グレアム・グリーン 翻訳は古くてちょっときつかったけど、ぐっときた。
「復讐法廷」  ヘンリー・デンカー 正義とは何か考えさせられた
「八日目の蝉」 角田光代 
「斜陽」「駆け込み訴え」「グッドバイ」など 太宰治  太宰治は抉るように人物を描く。
「テンペスト」 「リチャード三世」シェイクスピア 他の訳も読んだけど、福田恒存訳はやっぱり読みやすいし、ゴージャス。
「皇帝の嗅ぎたばこ入れ」 「火刑法廷」ディクスン・カー
「隣の家の少女」 ジャック・ケッチャム
「卵をめぐる祖父の戦争」デヴィット・ベニオフ 
「蝶」皆川博子
その他青空文庫で、芥川龍之介「戯作三昧」等、好きな作家をつまみ食い。あと、ビジネス書系のものも数冊

年末年始で、
「悼む人」上下 天童荒太 余計なことはいいたくない、とてもいえないくらいよかった。
「幻夜」東野圭吾 徹底した悪女。ノワールっぽい?
「犬神家の一族」横溝正史 レトロな雰囲気がいいねー。
そして今もひきつづき「悪魔がきたりて笛をふく」。横溝正史、ひとからたくさんもらったので、しばらくつづくかもー。

|

« 今年の目標①のつづき | トップページ | で、② »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去年読んだ本:

« 今年の目標①のつづき | トップページ | で、② »