« なんだかうるっと | トップページ | わたしのしたことは »

教えておいてほしかったなぁ

どうしても父の話ばかりになってしまいますが、翻訳関係のほうも少しずつやっています。勉強も続けていますし、仕事もちょこちょこ。つい最近もリーディングの仕事を受けました。リーディングとはいえ、受けると2週間くらいはかかりきりになって帰省できなくなってしまうので(事務所の仕事がなければ1週間もあればできると思いますが)、今の時期、結構受けるのに覚悟が要ります。私にとって翻訳は、趣味や遊びではなく、自分の人生においてとても重要な価値をもっていますので、なるべく受けられるものは受けたいと思っています。
今回のリーディングも、父の体調と、今後の翻訳人生における、この仕事の重要性との兼ね合いを見て、真剣に考えて受けることに決めたんですが、そのリーディング、なんとほかの人も頼まれていたことが判明。話を合わせてみると、どうやら私のほうはおまけというか、裏取り的な意味合いで頼まれたようです。その方のほうが経験もあるので当然ですし、そういうことにこだわりはしないのですが、ただ、そういった事情(裏取りなんだよってこと)は、できれば教えておいてほしかったなーと思いました。その事情が判断材料に加わわっていたら、今回は受けるのをやめていたと思います。締切当日が父の誕生日で、いっしょにお祝いできるの最後かもしれないと思いつつ、ごめんねー、あとでお祝いするからねーと心の中で謝りながら受けたので。
まあ、そんなこっちの事情は知りようのないことだもんな。しょうがないかー。ふつう知らせないものなのかもしれないし。そもそも、締切切りぎりぎりまでかかってしまう自分が未熟なわけだし。とりあえず今度頼まれたらもっとしっかり聞いて受けるかどうか決めよう。

|

« なんだかうるっと | トップページ | わたしのしたことは »

翻訳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教えておいてほしかったなぁ:

« なんだかうるっと | トップページ | わたしのしたことは »